公開履歴
心配している女性

ピルは避妊薬であると同時に、生理の症状が重い月経困難症や子宮内膜症、PMSの治療、ニキビの治療、更年期障害の改善など多くの病気や症状に使用されています。
しかし、誰でもピルを服用できるわけではありません。
ピルを服用できない人は、主にこれらの条件に合致する人になります。

  • 35歳以上で1日の喫煙数が15本以上の人
  • 乳癌、子宮体癌、子宮頸癌、子宮筋腫にかかっている、または疑いがある人
  • 血栓症、高血圧、心筋梗塞にかかったことがある、またはその疑いがある人
  • 心臓、肝臓、腎臓に病気がある人

これは、ピルを服用することによる副作用が理由です。
女性ホルモンの働きで、ピルを服用しているときには妊娠している状態になっています。
妊婦は出産などの時に出血した場合、すぐにそれを止めなければならないため、血液が固まりやすい状態になっています。
そのため血栓ができやすくなってしまうため、そのリスクが高い人は服用をしてはいけないと言われています。
他にも手術をする予定がある人や、手術を終えて時間が経っていない場合にも服用は出来ません。

また、女性ホルモンが配合されているため、女性ホルモンが関係する婦人科系の癌などにかかっている人は服用できません。
妊娠中の人、授乳中の人も服用を禁じられています。
ピルの成分が赤ちゃんにどんな影響を及ぼすのかが判明していないこと、母乳に女性ホルモンが出てしまうため、赤ちゃんへの影響を考えて服用が禁止されています。
逆に服用をできる人は、10代~50歳ごろまでの女性です。

上記以外にも薬の飲み合わせの禁忌がある人や、太りすぎている人は服用することができません。
詳しいことは医師に相談してみましょう。

記事一覧
ゲスターゲンによって分類されるピル~用法と注意点は

低用量ピルの成分は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とゲスターゲン(黄体ホルモン)です。女性の体内では、生理の終わりから排卵日にかけてエストロゲンの分泌が多くなって排卵を促します。排卵日から次の生理まではゲスターゲンの分泌が多くなって、子宮内膜に作用して妊娠の準備をします。これらは、脳下垂...

2019年12月03日
ピルは今や個人輸入で購入可

日本ではピルが市販されておらず、入手するには医療機関を受診する必要があります。ところが、海外では市販されていることが多いので、個人輸入すれば処方箋なしで購入できます。インターネットが発達した現代ならではの入手方法です。インターネットの個人輸入には、次の2つの方法があります。1つ目は、海外の販売サイト...

2019年08月15日
安全なピルの処方と正しい服用

日本では、ピルの市販はされていません。利用するには、婦人科を受診して処方してもらう必要があります。ピルは、長期間服用することを前提に研究・開発された医薬品なので、認可されているものは安心して使うことができます。ただし、乳がんや子宮がん、高血圧、肥満、高齢、喫煙習慣などピルを飲めない人や、注意が必要な...

2019年09月11日
28日周期のピルとプラノバールの用法用量や目的

ピルには、女性ホルモンの含有量により高用量~超低用量に分類され、配合される女性ホルモン成分により第1世代~第4世代に分類されています。トリキュラーは、エチニルエストラジオール0.03mgとレボノルゲストルが0.05mg~0.125mg配合されている第2世代低用量ピルですが、プラノバールはエチニルエス...

2019年10月29日
ピルを飲み始めると月経前症候群が緩和される

避妊薬として広く知られているピル、最近では我が国でも、諸外国に遅ればせながら低容量ピルが解禁となったことを受けて、より副作用の危険性なく安心して服用できるようになりました。女性の社会進出が進んでいる現代において、予期せぬ妊娠を避け、自分自身で妊娠時期をコントロールできると言うことは必要不可欠なことで...

2019年09月27日